So-net無料ブログ作成

元小沢ガールズ民主党・田中美絵子 鞍替え出馬も厳しい状況 [ニュ-ス]

民主党の大敗が予測される今回の衆院選。前回選挙では、自民党の元首相・森喜朗氏(75才)を追い詰め、比例復活を果たした“元小沢ガールズ”の田中美絵子氏(36才)も厳しい状況だという。

 小沢一郎氏と行動をともにし、「国民の生活が第一」に参加した小沢ガールズがいた一方で、田中氏は民主党に残り、地元の石川2区から東京15区に鞍替えして出馬する。野田首相が衆院を解散した16日には、離党届を提出しにきた初鹿明博氏(43才)を、目を潤ませながら止めようとするパフォーマンスを披露した。ジャーナリストの横田由美子さんはこう話す。

「前回の選挙直後にはヌードで騒がれ、議員活動中も官僚との不倫“路チュー”が報じられるなど、いったい国会に何しに来たのかという感じ。みんなの党の柿沢未途氏(41才)と国民の生活が第一の東祥三氏(61才)の争いになりそうです」

 元小沢ガールズも崖っぷちのようだ。



タグ:民主党
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本気の婚活者必見!Facebookから始まる新しい出会いのかたち [ニュ-ス]



みなさんはこれまでネットの婚活サービスを利用したことはありますか? 興味はあるけれど、「顔写真やプロフィールがすべて公開されるのには抵抗がある」「コンプレックスも含めて、本当の自分を受け入れてくれる相手に出会えるか……」などと、不安があって登録に二の足を踏んでいる人もいるかもしれませんね。

というわけで、今回は、そんな従来の婚活サイトに対する不安を解消した新しいネットマッチングサービスをご紹介したいと思います。

■Facebook婚活アプリ「Marriges Come True」登録開始!

本音で飾らない自分のままで真剣にお付き合いできる相手を探せる、Facebookアプリを使った会員制の有料ネットマッチングサービス『Marriges Come True』(通称:マリカム)。2013年2月中旬の本サービス開始(予定)に先駆けて、11月29日より先行登録開始。マッチング結果は本サービス開始時に公開され、続いて無料会員・有料会員を選択するという流れで本格的に利用できるようになります。

サービス名の『Marriges Come True』とは「結婚が現実に!」という意味です。婚活の際は自分をよく見せるために“演出されたプロフィールづくり”をしてしまい、なかなか本音で向き合える相手に出会えず、結婚まで至らないというケースがよくあります。でも、このサービスでは、本音で飾らない自分のままで相手を探すことができるから、「結婚が現実に!」なりやすいんです。

 なぜそんなことが可能なのでしょうか。登録からカップリング成功まで順を追って見ながら、その秘密を探っていきましょう。

■マリカム登録から素敵な相手に出会うまで

STEP1:自分のプロフィールや相手への条件を入力

自身のプロフィール入力と相手への条件を入力すると、自動的に3つのマッチング結果をマイページで確認できるようになります。3つのマッチングとは、お互いの条件が合致している“双方マッチング”、あなたの条件を満たす“片方マッチング”、あなたが相手の条件を満たす“逆方向マッチング”です。

マッチングのために、個性に関する項目(コンプレックス項目)や、年収や年齢など相手への希望条件も入力されますが、入力内容は誰にも知られることはありません。顔写真も有料会員同⼠で双方向マッチしたお相手のみ自動的に表示され、片方マッチと逆方向マッチは写真公開リクエストを相手に依頼し、承認されたときに表示されます。

もうお気づきですよね? マリカムではプロフィールの公開は必要最低限なのに、本音のパートナー探しが可能なんです!

STEP2:マッチングリストの中から気になる相手にアプローチ

マッチングリストの中から気になった人へ『Hello!メール』を送信し、相手から『Hello!メール』の返信があればマリカムメールで情報交換が始められます。

また、相手にFacebookアカウントを公開することも可能です。実際に会う前にお互いの情報を確認できるので安心ですよね。また、マリカムを利用していることはフェイスブックの友達に知られることはないので心配しなくても大丈夫です!

STEP3:“マリカム・マッチングパーティー”でリアルな出会いもサポート

マリカムでは、ネットのみならず、“マリカム・マッチングパーティー”でリアルな出会いもサポートしてくれます。このパーティーはあらかじめ条件などを基に相手へ確認を行い、受け入れてくれた人のみの紹介なので、自信をもって参加することができるんですよ。

いかがでしたか? 結婚サービスに登録しようかどうか迷っているみなさんは、ぜひマリカムに登録してみてはいかがでしょう? 11月22日~12月末日までに会員登録をすると、2013年2月中旬(予定)から1カ月間、希望に応じて有料サービスが無料で利用できますよ!

※ただし、有料会員(サービス)は自動更新されるので、2か月目以降はご自身で解約する必要があります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

婦人警官のコスプレのモデルに有罪判決(中国) [ニュ-ス]

中国人モデルが、婦人警察官のコスプレをしたとして、中国・豊北裁判所はこのたび、モデルに対して、懲役9カ月(執行猶予1年)の判決を言い渡した。

 中国新聞網によると、このモデルは今年7月に、自身のウエイボ上に、婦人警察官の衣装を着用した3枚の写真を掲載。「わたしはこれから毎日、政府の指導者たちと酒席をともにしなければなりません」などとの記述をしていた。

 これは反響が大きく、掲載した後に「ニセ警官」との通報が地元の警察署にも寄せられたのだという。

 女性は、高校を卒業後はモデルを志しウエイターなどを経て、モデルの契約を結ぶことができたのだという。

 そしてこれからというところで、このコスプレ騒ぎ。目的は、ウエイボ上での閲覧者数稼ぎだったという。執行猶予付きということもあるが、このPRは高くついたのか、安くついたのか?

 中国では警察官の権限が強いため、自らの利益を得ようとしてニセ警察官になるという事件も発生している。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

元野球選手が詐欺で逮捕 [ニュ-ス]

16日、元プロ野球選手で阪神、オリックスでプレーした塩谷和彦容疑者(38)が詐欺の疑いで兵庫県警に逮捕された。塩谷容疑者は、2010年8月から9月にかけて、「新しくできる飲食店の売り上げの一部を受け取る権利を譲渡する」とウソの話をでっち上げ、西宮市の会社役員から550万円をだまし取った疑い。塩谷容疑者は、おおむね容疑を認めているという。

 塩谷容疑者は、1992年、松井秀喜(星陵高校=当時)が5打席連続敬遠された夏の甲子園に、兵庫県代表の神港学園の主将として甲子園に出場。ベスト16入りを果たし、その秋にドラフト6位で阪神に入団。

 ルーキーイヤーとなる1993年の『選手名鑑』(日刊スポーツグラフ特別号)には、こう寸評されている。

〈気性の激しさは折り紙付きだが、中2の夏に亡くなった母文子さんの七回忌には墓を建てる夢を持っている〉

 親思いの一面をのぞかせる優しい性格の持ち主だったようだ。

 塩谷容疑者は遠投130メートルの強肩で、次世代を担う捕手として期待されていたが、持ち前の打撃センスを生かすため、1999年にサードへコンバート。その素質は、2002年オリックスへ移籍すると開花した。翌年にはイチローの持つ球団記録を超える24試合連続安打も達成し、打率3割7厘を記録。オールスターゲームへの出場も果たした。

 2006年には、韓国プロ野球に移籍。野手初の「在日以外」の日本人選手として、大きな期待を寄せられた。スポーツ紙野球担当記者はこう解説する。

「それまで韓国リーグに渡る選手は、在日の選手ばかりでした。1998年にようやく外国人登録が認められ、塩谷が野手としては初の純粋な日本人選手。外国人登録され、助っ人として渡韓したわけです。

 32歳になる年で、力が衰えたわけでもなかったですし、本人も『自分をキッカケに、ほかの日本人選手も続いてくれれば』と話していました。実際、開幕当初は順調な滑り出しでした」

 しかし、その年の5月に死球を受け、戦線離脱。6月には解雇され、そのまま引退に追い込まれた。韓国での悲劇のデットボールさえなければ、こんな事件は起こらなかったかもしれない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電車内での迷惑行為TOP5は? [ニュ-ス]

先日乗った電車でのこと。中年男性がおもむろに携帯電話を取り出し、堂々と通話をしはじめた! 車内は一気にイヤ~なムードに…。こういうのを見ると「注意したいな」とは思うものの、躊躇しちゃうんですよね。だって怖いし…。

そこで、R25世代200人にアンケートを実施(アイリサーチ調べ)! “車内での迷惑行為”についてどう思っているのか聞きました。まずは「携帯電話での通話」や「飲食」など、おもな迷惑行為を9項目挙げ、それぞれの“注意したいレベル”を「とても注意したい/どちらかと言えば注意したい/どちらかと言えば気にならない/全く気にならない」から選んでもらいました。すると「とても注意したい/どちらかと言えば注意したい」の合計が多かった上位5つは以下。

1位「他の乗客に絡む」90.5%
2位「ケンカをしている」83.0%
3位「大声で会話」82.0%
4位「足を広げて座る」78.0%
5位「携帯電話での通話」73.5%

上位2つは、不快感以上に「周りの人にも危害を加えそう」(27歳)、「事件に発展しそう」(30歳)と、危険度の高さも大きなポイントのよう。 また、3位と5位は「大声で電話されるとイラッとする」(25歳)、「同じ車両の人全員に迷惑!」(29歳)など影響範囲の広さを指摘する声が多く見られました。 そして4位「足を広げて座る」は、「そもそも公共の場でする格好じゃないと思う。たとえ空いてる場合でもダメ」(30歳)と、席の混み具合に関係なく否定する、厳しい声が多く聞かれました。

さらに6位以下は「座席で寝る」(68.0%)、「ヘッドホンからの音漏れ」(63.0%)、「飲食」(57.0%)と続き、最も低かった「化粧」でも、44.0%との結果になりました。密閉された車内空間では、他人の迷惑行為に敏感になるものなのかもね。

では次に、こういった行為を「実際に注意したことある?」と聞くと、「ある」はなんと25%。4人中1人が注意した経験があるなんて…結構多い!!

詳しく聞いてみると「ヘッドホンから音漏れしてる学生に『音量下げてもらえますか?』と注意」(28歳)、「酔っぱらいが老人に絡みだしたので、肩をつかんで止めた」(31歳)、「座席で横になって寝てた男性を起こしたら逆ギレ。仕方なく駅員につきだした」(31歳)など、勇気あるエピソードが多数!

また、「高圧的な態度で注意するのはダメ」(25歳)、「あくまでも真摯な態度で。そうすれば、案外理解してくれる」(30歳)など、注意する際のコツを教えてくれる人もいました。いやはやみなさんカッコいい!! ただ、各鉄道会社はこういった迷惑行為に関し「見かけたらすぐに駅の係員を呼んで」と呼びかけている。確かに、トラブルを誘発させないためにはそれが最善策なのだろう。とはいえ、「周りに迷惑をかける人を放っておけない!」という、正義感の強い人がこんなにもいたとは! 世の中まだ捨てたもんじゃないですよね。
(佐藤真由/short cut)
(R25編集部)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国小学生の化粧ブームは「病態文化」の表れだ [ニュ-ス]

 中国の地方紙、広州日報は10日付の紙面で、韓国の小学生の間で化粧ブームが起こっていることを紹介したうえで、外見至上主義という「病態文化」の表れだとする同紙記者らの意見を掲載した。

  記事は、韓国で化粧文化が中学生から小学生に拡散し、化粧をしない女児が学校で無視される現象が発生していると韓国メディアが5日に伝えたことを紹介。そのうえで、国際問題に詳しい記者3人が座談会形式で、韓国の外見至上主義文化について論じた。

  記者らは韓国の小学生の化粧ブームについて、美容産業振興にもつながる「外見至上主義」が同国内でまん延していること、テレビで濃い化粧をした10代の芸能人が日常的に登場しており、小学生たちが「彼らのように化粧すれば、自分もきれいになれる」と思いこむことなどを原因として挙げた。

  また、外見至上主義の横行によって韓国社会では「外見が人生の成否を決める」と暗黙的に認識されていると指摘。回答者の85%「外見が人間関係に影響する」と回答した韓国国内の調査結果を紹介しつつ、「競争による淘汰(とうた)を避けるために、スターと同じ容姿を追求する」と論じた。

  さらに、「外見至上主義」は「男性至上主義」「差別主義」にもつながり、「このようないびつな文化は青少年のメンタルヘルスや人生観に大きな影響を与える」と評した。そして「韓国が外見至上主義から脱却するというミッションは、重くそして長い道のりであると言えるだろう」と締めくくった。(編集担当:柳川俊之)(イメージ写真:Photo by Thinkstock/Getty Images.)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米中へ対抗心あらわ「核兵器を持たなくても大きな抑止力を持つ」 [ニュ-ス]

「日本維新の会(維新)」の石原慎太郎代表が、次期衆院選を見据えてヒートアップしている。世論調査での高評価に気をよくしたのか、横浜市中区で21日に行った講演では、憂国の心情から、米国や中国への対抗心をあらわにした。

 石原氏はまず、「現在の日本の状況を見ると、(大西洋で沈没した)タイタニック号を思い出す」と指摘し、「大丈夫だと思っていたら、アッという間に沈んでしまう」と警告した。

 そのうえで、「日本には素晴らしい力があるにも関わらず、束ねることができないのは自民党や民主党、国の役人の責任だ」と強調し、「シナ(中国)にナメられ、米国の妾(めかけ)で甘んじてきた日本を、もうちょっと美しい、しっかりしたたかな国に仕立て直さなければ死んでも死にきれない」と述べた。

 さらに、世界で初めて小惑星の鉱物を持ち帰ることに成功した小惑星探査機「はやぶさ」を念頭に、「この技術を誰が静かに見守っているか。これはシナと米国が懸命になって盗もうとしている」と断言。「こういった宇宙の遊泳というか、推進力はうまく利用すれば、核兵器を持たなくても大きな抑止力を持つ」と強調した。

 石原氏は20日の講演で、個人的見解としたうえで、「核兵器に関するシミュレーションぐらいしたらいい。抑止力になる」とも発言している。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美人過ぎる「区議」沖智美氏、 辞職を届出 [ニュ-ス]

実態と異なる住所地を届け出ていた問題をめぐり、新宿区の沖智美区議(32)(みんなの党)が2012年11月21日、区議会議長に辞職届を提出し、受理された。主要紙が報じた。

沖氏は2011年4月に初当選、美人過ぎる区議として知られた。ところが、当選後、10年12月の時点で居住実態のなかった新宿区内の住所の住民票を、区選管に届け出ていたことが発覚した。公職選挙法は地方議員の立候補の要件として、「選挙区内での3か月以上の居住実態」を定めているため、沖区議が実際に新宿区内に住んでいたのか問題になっていた。

区議会は9月、政治倫理審査会を設置し、調査をおこなった。審査会は「被選挙権資格を満たすための居住要件の存否を疑わせるような行為をし、十分な説明をしなかった」と結論付け、公開の場での説明を求める内容を盛り込んだ報告書を11月5日に議長に提出していた。



タグ:沖智美区議
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界一美味しい日本料理!どんなに食べても飽きない [ニュ-ス]

日本在住の台湾人女性が、「日本から離れられない理由は食事! どんな料理を食べても、最高に美味しい。量をたくさん食べても飽きない位、とにかく日本料理が大好きなのです!」と、熱い思いをブログにつづった。

 台湾人女性のAmelie(ハンドルネーム)さんは、日本で食事をとるとどれも美味しく感じ、同じ料理を何回食べても飽きることがないという。よく来る寿司屋の写真を張り付け、「ネタが新鮮! そして職人さんの腕前が素晴らしい店なのです」と褒めている。

 「だがめずらしい事に、今日のスタッフの態度は少し怠慢に感じた。“いらっしゃいませ”という言葉で迎えてくれず、気分を損なった。入店時に歓迎してくれるのは、特別なことではないはず。質の良いサービスが有名な日本で、こんな不景気な時世に、お客様に“いらっしゃいませ”と言わないとは、ひどすぎる。混んでいるせいかもと考えてみたけれど、中に入ると席はガラガラ」と、ご機嫌斜めのAmelieさん。相当がっかりしたようだが、気を取り直してお気に入りのこの寿司屋の味を楽しみ、「不機嫌なことがあっても、食事はいつも通り素晴らしかった」と述べた。

 そして、日本料理が好きな理由として、「私個人が持つ食事面での“視覚と味覚”という2つの欲を、完璧に満たしてくれるから!」と自分の志向をしっかりと理解しているAmelieさん。「職人さんはちゃんと注文を受け取り、芸術のように美しく盛り付けてくれた。その上世界各国の料理の中で、最高にカロリーが少なく体に負担がない料理を出す……それが日本の寿司屋だ。エビの大きさまで好みを聞いてくれて、うれしい……」などなど、つづった。

 「エビは寿司の具として使った以外、頭が味噌汁に入ったりフライになったり、大活躍。1匹でいろんな味や食感を楽しめる。食材を無駄なく使い、環境にも優しいのが日本の料理人たちだと思う」と、ひたすら日本料理や料理人たちを絶賛しているAmelieさん。今気になっているのは「ウナギではなく、アナゴの存在。台湾では何と呼ばれているのだろう。ウナギとまとめていいのか、今でもわからない」とブログを締めくくった。台湾の友人・知人たちに、どんどん日本料理を薦めてほしいものだ。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)(イメージ写真:Photo by Thinkstock/Getty Images.)※写真の無断ダウンロードと転用を禁じます。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国の主婦などがiPhone大量密輸 [ニュ-ス]

[上海 16日 ロイター] 中国の主婦らが米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を香港から密輸し、大手オンラインストアに提供していたことが分かり、関税の支払いを免れようとした罪で公判が行われている。同国の国営メディアが16日報じた。

このオンラインストアは「Lanyou Shuma.com」で、電子商取引大手アリババ・グループ傘下の淘宝(タオバオ)で最大手の1つだったが、香港当局がiPhone密輸の疑いで捜査を開始し、今年4月に閉鎖に追い込まれていた。

新京報によると、上海の裁判所では14日、26の業者に対する公判が行われた。これらの業者は、過去2年にわたって16万2000個以上の携帯電話を香港から密輸した犯罪組織の捜査で摘発され、密輸した商品の総額は5億人民元(約65億円)だったという。

南方都市報は、業者の半数が香港を頻繁に訪れる主婦だったと伝えており、1台密輸するごとに20─30人民元の手数料を得ていたとしている。

上海日報は、25の被告がiPhoneと「iPad(アイパッド)」の密輸で公判にかけられると報じた


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます